対策の傾向

お茶を飲む女性

更年期のイライラに悩みを抱える方は、世の中にたくさんいます。そのイライラを何とかしたい!と考える方はたくさんいますが、その対策法には、さまざまな方法があげられます。

耳の異常

若い医師

耳の異常が軽度の場合、多くの人が放置します。しかし、耳鳴りや難聴を放置していくと、症状が悪化していくことがあります。最終的には周りの音が聞こえなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

周囲の理解

青空とシニア女性

女性の更年期は40代から始まります。閉経前後はホルモンバランスが崩れてしまうので、肩こり、頭痛、イライラ、不眠などの症状を発症してしまうのです。更年期を乗り越えるためには、周囲の理解が重要になります。

食品でカバーする

料理中

更年期障害の疑いがあるならこちらで症状のチェックをしてみませんか?参考にできる情報が多数掲載されていますよ。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。

更年期障害がひどくなると、婦人科でホルモン補充療法という治療を受けている人がいます。更年期障害は、女性ホルモンが減少することにより、さまざまな体調不良を引き起こすことから、この治療法が効果的であるといえるのです。 しかし、デメリットもあり副作用に悩まされる場合や、長期間続けることによる乳がんのリスクなどもあります。このようなことから、治療をしなかったり途中でやめる人もいます。 最近更年期障害にも効果があると注目されている成分に、大豆イソフラボンがあります。これは、女性ホルモンであるエストロゲンと大豆イソフラボンが似たような働きをすることがわかってきたからです。このため、女性が女性らしい体型を維持するのにも使われているようです。

副作用もなく、普段の食事からも摂取できます。

大豆イソフラボンは、更年期障害に効果があるだけでなくいろいろな健康効果があることがわかり、注目されている成分です。 いわゆる大豆食品といわれている、納豆や豆腐にも多く含まれています。大豆は良質なたんぱく質であるため、ダイエット目的で摂取する人も増えてきています。積極的に毎日の食事に取り入れたいものです。 しかし、更年期障害の改善に役立てたい場合などは、やはり食品だけからでは不十分です。大豆イソフラボンのサプリメントなどを摂取するのが効果的です。その場合気を付けなければいけないことがあります。大豆イソフラボンの一日の摂取目安量を超えて摂取することは、乳がんのリスクが起こることがあります。サプリメントに記載されている目安量は、守ってください。